×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンゴープリン・スウィーツ物語

インゲン

下痢、浄血、血液の酸化防止に効果あり

旬  7月〜9月

江戸時代に隠元禅師により中国から伝えられたものが広まり、インゲンと名付けられた。

土地により一年に3回の収穫がされる事から三度豆(さんどまめ)と呼ばれる地域もあるそうで
す。

インゲンは若い鞘ごと食べる種類をさやいんげんと呼び、

インゲンの豆だけを食べる種類をいんげんまめと呼ぶそうです。

さやいんげんにはカロチン、ビタミンC、カルシウム、タンパク質が含まれ肉食による体の酸性
化を防ぐ働きがあります。

いんげん豆はビタミンB1、B2、B6、カルシウムを含んでいて、胃腸カタル(粘膜炎症)に薬効的
効果が認められています。


料理例
サラダ、ソテー、胡麻和え、煮物、天ぷらなど

ステーキの付け合せに人参のグラッセとインゲンのソテーがありますが非常に理に適った取り
合わせですので、残さず食べるようにしましょう。

インゲン豆を使って下痢止め  作り方

インゲン豆を天日乾燥させ粉末にし、同量の酢を混ぜ合わせて飲む



こだわりマンゴーの
お取り寄せスイーツ
スイーツレシピ⇒
トップへ
戻る